2018年7月19日

家にあるものですぐ作れる! 夏の遊べる工作おもちゃ 後編

お部屋を暗~くして点灯してね★
ハンディ・プラネタリウム

ステンドグラスみたいなカラフルな明かりに、子どもたちも大興奮!
懐中電灯は100円ショップで売っているものが軽くてオススメ。

材料 (1台分)

発砲スチロールのどんぶり…2個
アルミホイル…適量
懐中電灯…1個
カッターナイフ、セロテープ、
油性カラーペン

作り方

1
プラネタリウムの上半分を作る。どんぶりの1つにハートなど好きな形を描き、カッターナイフで切り取って窓を作る。どんぶりの周りを1周するように窓を作ると、点灯したときにキレイ。

2
窓にセロテープを貼り、好きな色の油性カラーペンで塗る。その他の部分は、鉛筆などで適当に穴を開ける。

3
内側にアルミホイルを敷き詰める。窓の部分はホイルに穴を開けて内側に折りこみ、窓を確保する。その他の穴の部分のホイルにも穴を開ける。

4
プラネタリウムの下半分は、もう1つのどんぶりの底に懐中電灯が通るくらいの穴を開け、内側にホイルを敷きつめる。懐中電灯を通してセロテープで固定し、3と合わせてセロテープでくっつける。

 

昇って降りて、また昇って
立体駐車場

ミニカー好きな子ならきっと喜ぶ立体駐車場。
道路や木、標識など好きな小物を作って、自分だけの街を完成させて。

材料 (1セット分)

空き箱(縦20cm、横25cm、深さ4cm程度)…1個
トイレットペーパーの芯…4個
薄いダンボール、または厚紙…適量
色画用紙、竹串、
ペットボトルのキャップ(標識などの飾り)…適宜
ハサミ、接着剤、白クレヨン、キリ

作り方

1
空き箱の内側と同じサイズに薄いダンボールをカットし、白クレヨンでラインなどを描く。

2
薄いダンボールで、駐車場を乗せる土台、スロープ、道(好みで)を作る。土台は駐車場の箱を乗せる位置を決める。道パーツは土台に描いた道と同じ幅にするとキレイにつなげられる。

3
空き箱の側面の端にスロープを当てがい、スロープと同じ幅に切り込みを入れ、スロープを接着剤で付ける。

4
3の裏側の四隅に、トイレットペーパーの芯を接着剤で付ける。

5
好みで、標識や木などの飾りを作る。ペットボトルのキャップにキリで穴を開け、竹串と画用紙で作った標識や木などを刺す。

12
シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ

平素は白泉社をご愛顧いただき、心より感謝申し上げます。
今後も皆さまに、より安心して弊社サービスをご利用いただくことを目的とし、2024年7月22日(月)より、プライバシーポリシーの内容を改訂いたしますことをお知らせいたします。

改定日2024年7月22日(月)
改定前・改定後の内容は以下よりご確認ください。
【改訂前】https://www.hakusensha.co.jp/privacy_2407/
【改訂後】https://www.hakusensha.co.jp/privacy/
個人情報の収集・管理・活用については、引き続きプライバシーポリシーに基づき、適切な取り扱いに努める所存です。
何卒よろしくお願い申し上げます。

確認しました