2018年2月5日

ノラネコぐんだんの入園・入学手づくりセット Vol.1 〜ノラネコレッスンバッグ~

シェア
ツイート
G+
ブックマーク

人気のノラネコぐんだんがモチーフの入園・入学用レッスンバッグ、シューズバッグ、体操服入れの3点セットをぬいぐるみ作家の原優子さんに教えてもらいました。ポイントは、お名前がかわいく入れられるアップリケ。なんとバッグ部分は、針と糸を使わずに作れます!  Vol.1では、レッスンバッグのつくり方を紹介します。(kodomoe2017年2月号掲載)
撮影/花田 梢 スタイリング/西森 萌 イラスト/工藤ノリコ 材料・レシピ協力/コニシ(株) 

「縫わずに作れる」ヒミツはコレ!

ボンド 裁ほう上手
入園・入学を控えたママたちの声から生まれた布用接着剤。洗濯、ドライクリーニングでもはがれにくく、気軽に手づくりが楽しめる。綿・アクリル・フェルトなどが接着しやすい。17g、45g、120gオープン価格/コニシ(株)
【使い方】
貼り付けたいものの両面に接着剤を塗布し、貼り合わせ、あて布をしてアイロン(140~160℃:ドライ)で約15~20秒熱を加える。

ノラネコレッスンバッグのつくり方

用意するもの(できあがり寸法:縦30×横40㎝)

・布用接着剤(ボンド 裁ほう上手)
・[本体]無地オックス生地…縦67×横44㎝
・[持ち手]ストライプ生地…縦20×横40㎝
・[アップリケ]フェルト(黄色)…縦7×横6㎝、(白)…縦2.5×横2.5㎝、(モカ)…縦5×横9㎝、(ピンク)…縦1.5×横1.5㎝ 刺繍糸(黄色、黒、モカ、白、茶)…適量
・アイロン&アイロン台
・あて布
※作り方の中の
→アイロンで折り目を付ける
→接着剤を塗る
※作り方の中に出てくる数字の単位は全て【㎝】です。

01 図の通りに生地を裁断する。

 

02 アップリケを作る。


フェルトを型紙の通りに切り、頭に下唇・口の中・上唇の順に重ねて配置し、白刺繍糸2本取りでたてまつりで縫い付ける。下唇の上部、口の中の下部はまつらなくてOK。
型紙のダウンロードはこちら
※この型紙をA4用紙に印刷して使用してください。



目、ひげ、鼻は黒刺繍糸2本取りで刺繍する。


パンに黄土色や茶色の色鉛筆で焦げ目を付けたら、茶色刺繍糸2本取りでステッチ刺繍する。

 

03 本体生地にアップリケを縫い付ける。


01の「アップリケ付け位置」に、ボディ・パン・頭の順で重ねて配置し、たてまつりで縫い付ける。お好みで名前テープや刺繍でパンに名前を入れる。

 

04 持ち手を作る。


外表に2つに折り、アイロンで折り目を付ける。


一旦開き、①で付けた折り目を中心に内側に2つに折り、アイロンでさらに折り目を付ける。


しっかりと折り目が付いたら開き、接着剤をヘラで均一に塗る。


もう一度②と同様に中心に向かって折り、アイロンで圧着する。


さらに接着剤をヘラで均一に塗り、①で付けた折り目を中心に2つ折りにし、アイロンで圧着する。

 

05 「のりしろA」に折り目を付ける。

のりしろAの青線と赤線部分を内側に折り、アイロンで折り目を付ける。

 

06 持ち手を本体に接着する。


持ち手を本体の表面に接着する。まずは接着する位置を合わせる。


折り目を付けた青線(1㎝)まで接着剤を塗り、持ち手を本体に固定。その後、アイロンで圧着する。残りの3か所も同様に接着する。

 

07 本体の脇を接着する。


のりしろBを内側に折り、アイロンで折り目を付ける。


アイロンで折り目を付けたのりしろBに接着剤をヘラで均一に塗り、本体を外表に2つ折りにし、アイロンで圧着する。

 

08 本体の袋口を3つ折りにする。


本体内側、のりしろAの折り目を付けた青線までの部分に接着剤をヘラで均一に塗る。


青線の位置で内側に折り込み、アイロンで圧着する。


本体内側、②で圧着したところの上部から折り目を付けた赤線まで接着剤をヘラで均一に塗る。


最後に赤線の位置で内側に折り込み、アイロンで圧着する。

 

09 最後の仕上げをする。


持ち手と本体が接するところに接着剤を塗る。


持ち手を上に返して、アイロンで圧着する。残りの箇所も同様に接着する。


型紙のダウンロードはこちら
※この型紙をA4用紙に印刷して使用してください。

教えてくれたのは
原優子さん はらゆうこ/ぬいぐるみ作家。ぬいぐるみメーカー「サン・アロー」デザイナーを経てフリーに。著書に『絵本の国のぬいぐるみ』(白泉社)他。

シェア
ツイート
G+
ブックマーク
トピックス

ページトップへ