2024年7月9日

これだけで栄養が摂れるおかずに! 定番の卵焼きとDHA豊富なツナ缶をプラスして育脳レシピ「雑穀ごはんのおにぎり朝ごはん」のできあがり!

脳にいいごはん=手のこんだ料理、ではありません! 市販品を上手に組み合わせれば、栄養バランスにすぐれたごはんがあっという間に完成。今回は、脳の神経細胞やシナプスを増やし、活性化させるDHAやレシチン、各種栄養素をサポートするビタミンを取り入れたレシピを紹介します。今日から育脳朝ごはん、始めてみませんか?

デザートがわりのナッツで栄養バランスアップ
雑穀ごはんのおにぎり朝ごはん

定番の卵焼きに、DHA豊富なツナ缶をプラス。これだけで栄養が摂れるおかずに。

これだけで栄養が摂れるおかずに! 定番の卵焼きとDHA豊富なツナ缶をプラスして育脳レシピ「雑穀ごはんのおにぎり朝ごはん」のできあがり!の画像1

DHA: ツナ缶、桜えび
レシチン: 卵
ビタミン: アーモンド、くるみ、レーズン

雑穀ごはんのおにぎり

【材料】
雑穀ごはん…4膳分
のり…適量

【作り方】
1、小さめのおにぎりをにぎり、のりを巻く。

ツナと青ねぎ入りの卵焼き

【材料】
卵…2個
ツナ缶(ノンオイル)…1缶 (70g)
青ねぎ(小口切り)…大さじ4
塩…少々
油…適量

【作り方】
1、卵を溶きほぐし、水けを軽く切ったツナ、青ねぎ、塩を加えて混ぜる。

2、フライパンに油を熱し、1の卵液を流し込み、卵焼きを作る。食べやすい大きさに切る

わかめスープ

【材料】
わかめスープ…4人分
桜えび…大さじ2
お麩…適量

【作り方】
1、市販のスープに表示通りの分量の湯を注ぎ、桜えびと好みのお麩を加える。

ドライフルーツとナッツ

アーモンド、くるみ各8粒とレーズン適量を皿に盛る。

教えてくれたのは
近藤幸子さん
こんどうさちこ/料理研究家。楽しみながら作る料理教室「おいしい週末」主宰。雑誌、広告などで活躍中。著書に『がんばりすぎないごはん』(主婦と生活社)など多数。2人の女の子のママ。

撮影/岡森大輔 スタイリング/宇藤エミ(kodomoe2016年6月号掲載)※こちらの記事は2018年6月にウェブ掲載したものを再編集しています。

シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ

平素は白泉社をご愛顧いただき、心より感謝申し上げます。
今後も皆さまに、より安心して弊社サービスをご利用いただくことを目的とし、2024年7月22日(月)より、プライバシーポリシーの内容を改訂いたしますことをお知らせいたします。

改定日2024年7月22日(月)
改定前・改定後の内容は以下よりご確認ください。
【改訂前】https://www.hakusensha.co.jp/privacy_2407/
【改訂後】https://www.hakusensha.co.jp/privacy/
個人情報の収集・管理・活用については、引き続きプライバシーポリシーに基づき、適切な取り扱いに努める所存です。
何卒よろしくお願い申し上げます。

確認しました