コンビニのラーメン、意外なおいしさでおやつにおすすめ
2017年9月28日

コンビニのラーメン、意外なおいしさでおやつにおすすめ

シェア
ツイート
ブックマーク

そろそろあったかいものが恋しくなってくる季節。
早くうちに帰って、ラーメンが食べたい!
そんなとき手軽に買えるコンビニのラーメンが、のびのびでおいしくない印象だったのは昔のこと。
今回発売したセブンイレブンのラーメンを食べてみて、あれ、お店の味に近づいてる! とびっくりしました。

ラーメンで一日の1/3が摂れる!野菜の摂取量も意識

セブンイレブンは、コンビニの中でも、味にこだわって作った商品を多く出しています。
9/26(火)に発売になったのは、電子レンジ調理対応の「熟成中華麺 醤油ラーメン」と「熟成中華麺 野菜盛りタンメン」。10/10(火)には「熟成ちぢれ麺 濃厚味噌ラーメン」も加わります。
特に野菜が多いのが特徴で、野菜嫌いの子でも、大好きなラーメンの中に入っていたら、けっこうモリモリ食べてしまうので、ちょっと期待して買ってみました。


左から、熟成中華麺 醤油ラーメン、熟成中華麺 野菜盛りタンメン、熟成ちぢれ麺 濃厚味噌ラーメン

「醤油ラーメン」は、もやしや白髪ねぎ、メンマなどあわせて一日の必要摂取量の1/3の野菜が入っていて、スッキリした味わい。
「野菜盛りタンメン」は、キャベツやタマネギ、きくらげにピーマンといった8種類の野菜が入っていて、こちらも一日の1/3の野菜が採れるそう。
従来のものは、生キャベツとボイル野菜のみでしたが、本格性にこだわって、炒め野菜を合わせ、歯ごたえや味わいがアップしています。

子どもにも喜ばれる熟成麺のおいしさ

レンジで5、6分あたためると、ラーメンのいい香りが広がりました。
あ、ラーメン屋さんに入ったときのあの匂い。
確かに、他の商品に比べて、150gという野菜感も増しています。
ツルツルっと食べてみると、おいしい!
想像していたヘナヘナの麺ではなくて、味のしっかりついたのど越しの良い麺です。
セブンイレブンのオリジナル、新熟成麺を使っているとのこと。
醤油ラーメンのスープも、鶏と豚のガラ、煮干、サバ節を使っていて、スッキリしているけれど、旨みがあるスープでした。 

 
スープが飲みやすいように、なんと容器の一部がへこんでいて、飲み口がついています!
油が強すぎず、これなら子どもに食べさせても安心です。
試しに子どもに食べてもらうと、ペロッと半杯食べてしまって「おかわり!」。
  

食べ盛りの小学生なら、レンジで簡単なので、おやつ代わりにもいいかもしれません。
容器の形もろくろ状にこだわって、レンジの加熱時間を短縮させています。
これ一杯でカロリー370kcalにおさえてあります(醤油ラーメン)

大人は、付属の特製スパイスを振り掛けるとパンチがきいておいしくなりますよ。
また、10/10発売の「熟成ちぢれ麺 濃厚味噌ラーメン」は、野菜が190gと他より多く、釜で焼いた味噌がきいて、旨みたっぷり。


お昼に、おやつに、夜食にと、試してみてくださいね。

セブンイレブン

・熟成中華麺 野菜盛りタンメン 398円 販売地域:全国(北海道除く)
・熟成中華麺 醤油ラーメン 398円
  販売地域:東北(岩手除く)、関東、新潟、北陸、中京、近畿、中国、四国、九州
・熟成ちぢれ麺 濃厚味噌ラーメン 480円
  販売地域関東、新潟、北陸、東海、四国
http://www.sej.co.jp/i/products/men/

 

文=日下淳子(編集ライター/保育士)

シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ