大恐竜展 よみがえる世界の恐竜たち

シェア
ツイート
ブックマーク

《ティラノサウルスVSトリケラトプス》 復元画:月本佳代美

2億3000万年前から6600万年前にかけて地球上に生息した巨大生物「恐竜」。
その生態については、今なお解明されていないことが多く、
それ故に「恐竜」と聞いただけで、太古の歴史ロマンに想いを馳せる方も多いでしょう。

本展では、研究成果を元に恐竜に命を吹き込む作業、
すなわち「恐竜の復元」をテーマに、
その変遷の歴史および現在の恐竜”像”について、
科学的かつ芸術的観点から恐竜を紹介します。
世界トップレベルの展示と研究成果を誇る
「福井県立恐竜博物館」の特別協力のもと、
同館などが所蔵する全身復元骨格標本や生体復元模型、
ロボットなどを一堂に展示します。

期間/2021年4月1日(木)~6月13日(日)
会場/佐川美術館  滋賀県守山市水保町北川2891
時間/9:30~17:00(入館は16:30まで)
休み/月曜(5月3日は開館)、5月6日
料金/一般1300円、高大生800円、中学生以下無料(要保護者同伴)
https://www.sagawa-artmuseum.or.jp/
※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、営業時間を変更する場合があります。
ホームページをご確認ください。

シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ