2022年11月22日

『ボタンちゃん』【今日の絵本だより 第333回】

kodomoe本誌連載の「季節の絵本ノート」では、毎回2か月分のおすすめ絵本を15冊、
ぎゅぎゅっとコンパクトにご紹介しています。
こちらのweb版では毎週、ちょうど今読むのにいいタイミングの絵本をおすすめして
いきます。おやすみ前や週末に、親子で一緒にこんな絵本はいかがですか。

『ボタンちゃん』
小川洋子/作 岡田千晶/絵 PHP研究所 1430

11月22日は、ボタンの日。
『ボタンちゃん』は、ちょうどこの日にぴったりの一冊。
白くてまん丸のボタンの女の子、ボタンちゃんが主人公のお話です。

ボタンちゃんは、アンナちゃんのとっておきのブラウスの、一番上にとまっています。
いつも一緒のなかよしは、ボタンホールちゃん。
ところがある日、ボタンちゃんをブラウスにとめていた糸が切れてしまって、
「あらあ。たすけて」
ボタンちゃんはコロコロコロと、子ども部屋の床を転がってしまいます。

そしてたどり着いたのは、薄暗いおもちゃ箱の裏側。
どこからか、小さな泣き声が聞こえてきます。
泣いているのは、アンナちゃんが赤ちゃんの頃に握っていたガラガラでした。
「こんなところでぼくはひとりぼっちです。」
と、ガラガラは、涙を流して嘆きます。
自分のカシャカシャという音で、泣き顔から笑い顔になった、小さな赤ちゃんのアンナちゃん。
あのアンナちゃんは、もう自分のことなど忘れてしまったのでしょうか、と。

「アンナちゃんはもう、
あなたがいなくても大丈夫になったのよ」
ボタンちゃんは、ガラガラに教えてあげました。
「自分で涙をふけるようになったの。
赤ちゃんのアンナちゃんを、
いっぱい笑わせてあげた、あなたのおかげね」
それからもボタンちゃんはお部屋を転がって、アンナちゃんのよだれかけや、ホッキョクグマのぬいぐるみ、タンスの裏やベッドの下に忘れられた、かつてのお友だちに出会います。

小さな子のそばにいつもいて、それでも、いつまでも一緒にはいられないものたち。
成長の喜びと、見送る側のせつなさと、大好きな持ち主への尽きせぬ思いと。
運よくママに見つけられ、元の場所、ブラウスの一番上に戻れたボタンちゃん。
でも、お話はそれからもまだ続きます。
忘れられたものたちのさみしさだけではない、誇らしさと心強さ。
「あなたのおかげね」
胸がいっぱいになるようなお話の続きを、ぜひ本を開いて確かめてみてください。

 

選書・文 原陽子さん
はらようこ/フリー編集者、JPIC読書アドバイザー。kodomoeでは連載「季節の絵本ノート」をはじめ主に絵本関連の記事を、MOEでは絵本作家インタビューなどを担当。3児の母。

 

シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ

平素は白泉社をご愛顧いただき、心より感謝申し上げます。
今後も皆さまに、より安心して弊社サービスをご利用いただくことを目的とし、2024年7月22日(月)より、プライバシーポリシーの内容を改訂いたしますことをお知らせいたします。

改定日2024年7月22日(月)
改定前・改定後の内容は以下よりご確認ください。
【改訂前】https://www.hakusensha.co.jp/privacy_2407/
【改訂後】https://www.hakusensha.co.jp/privacy/
個人情報の収集・管理・活用については、引き続きプライバシーポリシーに基づき、適切な取り扱いに努める所存です。
何卒よろしくお願い申し上げます。

確認しました