2021年9月16日

『もりの ゆうびんきょくの おはなし ぽすくまです!』【今日の絵本だより 第238回】

シェア
ツイート
ブックマーク

kodomoe本誌連載の「季節の絵本ノート」では、毎回2か月分のおすすめ絵本を15冊、ぎゅぎゅっとコンパクトにご紹介しています。
こちらのweb版では毎週、ちょうど今読むのにいいタイミングの絵本をおすすめしていきます。おやすみ前や週末に、親子で一緒にこんな絵本はいかがですか。

『もりの ゆうびんきょくの おはなし ぽすくまです!』【今日の絵本だより 第238回】の画像1もりの ゆうびんきょくの おはなし ぽすくまです!』
中丸ひとみ/絵 坂井治/文 白泉社 1320円

今春、70年ぶりの新1円切手デザインに登場して話題となった、日本郵便のキャラクター「ぽすくま」。
発売中のkodomoe10月号記事(P76)でもご紹介をしていますが、そのぽすくまのはじめての絵本『もりの ゆうびんきょくの おはなし ぽすくまです!』が、9月16日に発売となりました。

ぽすくまは、くまのぬいぐるみの郵便屋さん。
お話の舞台は、ぽすくまたちの暮らす森。
今日も森の郵便局から、
「はいたつに いってきまーす」
と、みんなに郵便物を届けに出かけます。
最初のお届け先は、小さなぽすこぐまの家。
ぽすこぐまのおばあちゃんからのお手紙には、
「このまえは おりょうり たのしかったね」
と書いてありました。
その次のお届け先は、パン屋さん。
保育園の子どもたちから、おいしいパンへのお礼のお手紙です。

お手紙を届けるのも大好きですが、バターとはちみつたっぷりの、はちみつトーストもとっても大好きなぽすくま。
次のお届け先へ向かう道々、おいしいものを目にしては、ついついはちみつトーストのことを考えてしまいます。
牛乳屋さん、ぽすじゃむの家、一日の配達を終えたら、もうおなかがぺこぺこ。
おうちへ帰ってようやくはちみつトーストを食べようと思ったら、あれ、パンのかごがからっぽ……!?

もりの ゆうびんきょくの おはなし ぽすくまです!』の絵を手がけたのは、ぽすくまの生みの親、日本郵便株式会社の切手デザイナー、中丸ひとみさん。
文章を手がけたのは、アニメーション作家として活躍する坂井治さん。
発売中のMOE10月号ではおふたりの制作秘話インタビューを掲載。
こちらのweb記事にも、ぽすくま最新情報を掲載しています。

9月15日には、2021年の「ぽすくまと仲間たち」切手が全国の郵便局で発売になったばかり。
今回のテーマは「イギリス」、ぽすくまが訪ねるイギリスの名所や、みんなとのお茶の時間が各切手に描かれています。
大切な人と会えない日々が続くこの頃、ぽすくまの絵本と切手で、ゆっくりお手紙の時間を楽しんでみませんか。

 

選書・文 原陽子さん
はらようこ/フリー編集者、JPIC読書アドバイザー。kodomoeでは連載「季節の絵本ノート」をはじめ主に絵本関連の記事を、MOEでは絵本作家インタビューなどを担当。3児の母。

シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ