2019年12月16日

『ぼくのかぼちゃ』【今日の絵本だより 第94回】

シェア
ツイート
ブックマーク

kodomoe本誌連載の「季節の絵本ノート」では、毎回2か月分のおすすめ絵本を15冊、ぎゅぎゅっとコンパクトにご紹介しています。
こちらのweb版では毎週、ちょうど今読むのにいいタイミングの絵本をおすすめしていきます。おやすみ前や週末に、親子で一緒にこんな絵本はいかがですか。

『ぼくのかぼちゃ』【今日の絵本だより 第94回】の画像1『ぼくのかぼちゃ』
かもがわしの/作 こぐま社 本体1200円+税

今年の冬至は、12月22日。
冬至の食べものと言えば、そう、かぼちゃですね。
子ども目線でかぼちゃの育ち方がよくわかる、『ぼくのかぼちゃ』をご紹介します。

春の日に、ともくんがお母さんと庭の畑にまいた、かぼちゃの種。
芽が出て、葉っぱが大きくなって、夏には黄色い大きな花が咲きました。
その後は照りつける真夏の日ざしに、葉っぱも花もぐったり。
でもよく見ると、花のおしりに小さなかぼちゃの実!
ともくんは
「かぼちゃの あかちゃん おおきくなあれ!」
と、ホースで水をいっぱいかけます。
しばらくしたら、大きなかぼちゃがごろんごろん。
「かぼちゃスープに かぼちゃプリン、
 かぼちゃの ケーキもたべたいなあ。」
ともくんは、夢の中でもかぼちゃのごちそうを楽しみにしています。

ところがその夜明け前、庭から突然大きな音が。
窓を開けたら、なんとびっくり!
おさるの親子が、かぼちゃを取って行ってしまいました……。
でも、残った3つのかぼちゃで、お母さんは腕をふるいます。
スープにプリンにケーキ、他にもたくさん。
おいしくてご満悦のともくん、
「おさるさんも いまごろ
 たべてるかな」
と、にこにこ顔。

切り紙の版画がどこか懐かしく、かつおしゃれな味わいのこの絵本。
なんと、山のふもとに住んでいる作者・かもがわしのさんの実話から生まれたのだそうです。
同じように子どもをだっこしたお母さん同士、かぼちゃを取られてしまっても、憎みきれないのはわかるかも。
かぼちゃは、初心者にも育てやすい野菜。
最近よく見る手のひらサイズの坊ちゃんかぼちゃなら、プランターでも大丈夫とか。
ともくんとお母さんのように、親子でかぼちゃの種まきから始めても楽しそうですね。
(おさるさんもやってきちゃうかな?)

 

選書・文 原陽子さん
はらようこ/フリー編集者、JPIC読書アドバイザー。kodomoeでは連載「季節の絵本ノート」をはじめ主に絵本関連の記事を、MOEでは絵本作家インタビューなどを担当。3児の母。

 

シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ