ひらめきのヒントをくれるヨシタケシンスケワールド!
2021年9月4日

ひらめきのヒントをくれるヨシタケシンスケワールド!

シェア
ツイート
ブックマーク

これからの時代を生きていく上で大切な「発想力」を育んでくれる、選りすぐりの絵本をご紹介。
『りんごかもしれない』などの「発想えほん」シリーズをはじめ、ヨシタケシンスケさんの作品は、ふだん絵本に縁のない大人も手に取るほどの人気ぶり。「考えをめぐらせてみる」ことの楽しさがつまっています。

ぼくのニセモノをつくるには

ひらめきのヒントをくれるヨシタケシンスケワールド!の画像1

「ぼく」って一体なんだろう
『ぼくのニセモノをつくるには』
ヨシタケシンスケ/作 ブロンズ新社 本体1540円

宿題にお手伝い、面倒なことは僕のニセモノロボに全部やってもらおう。でも、僕そっくりになってもらうには、僕自身について詳しく教えなきゃ。初めて考えるアイデンティティ。

りんごかもしれない

ひらめきのヒントをくれるヨシタケシンスケワールド!の画像2

りんごから果てなく広がる世界
『りんごかもしれない』
ヨシタケシンスケ/作 ブロンズ新社 本体1540円

目の前のりんごは、もしかしたらりんごじゃないかもしれない? 何かのタマゴかも? 宇宙から落ちてきた小さな星なのかも? 大きな反響を呼んだ、ヨシタケさんの絵本デビュー作。

みえるとか みえないとか

ひらめきのヒントをくれるヨシタケシンスケワールド!の画像3

お互いの違いを知ることが始まり
『みえるとか みえないとか』
ヨシタケシンスケ/作 伊藤亜紗/相談 アリス館 本体1540円

目が見えない人は、どんなふうに世界を「見て」いるのかな? 自分にとっての「あたりまえ」は十人十色。宇宙飛行士の僕と一緒に、それぞれの違うところ、同じところを考えてみよう。

つまんない つまんない

ひらめきのヒントをくれるヨシタケシンスケワールド!の画像4

「つまんない」ってどういうこと?
『つまんない つまんない』
ヨシタケシンスケ/作 白泉社 本体1430円

うーん、今日はなんだかつまんない。でも、「つまんない」って一体なんだろう? ずっと同じことがつまんないの? 世界一つまんない遊園地って? 考え始めたら、なんだか面白い!?

ひらめきのヒントをくれるヨシタケシンスケワールド!の画像5ヨシタケシンスケさん
絵本作家・イラストレーター。1973年神奈川県生まれ。筑波大学大学院芸術研究科修了。絵本デビューから7年の間に、MOE絵本屋さん大賞第1位を6回受賞。

編集協力/原陽子(kodomoe2018年10月号掲載)

シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ