「パン屋の本屋」さんが選ぶパンの絵本13冊をご紹介
2020年6月17日

「パン屋の本屋」さんが選ぶパンの絵本13冊をご紹介

シェア
ツイート
ブックマーク

絵本の中に出てくるおいしそうなパンを見ていると、なんだか幸せな気分になりませんか? パンの絵本のことなら、「パン屋の本屋」さんに聞くのが一番! ということで、東京・西日暮里にある「パン屋の本屋」店長の近藤さんに、オススメのパンの絵本を13冊セレクトしてもらいました。
それぞれの絵本には、おすすめの年齢と解説付き。お気に入りの一冊を見つけてくださいね! 記事の最後には、パン屋の本屋のお隣にある「ひぐらしベーカリー」のおすすめパンのご紹介もあります♪

2歳~『トーストン』

曜日×レシピ×ストーリー
『トーストン』
新井洋行/作 アリス館 本体1300円+税
トーストンは毎日おいしく変身。月曜日はジャムトーストン、火曜日はツナマヨトーストン。「トーストと具材の出会いが、シンプルだけれど楽しげに描かれています。簡単なレシピなので、お子さんがはじめて作るお料理にも」

1歳~『なーんにみえる? わくわくパン』

みんな大好き問いかけの本
『なーんにみえる? わくわくパン』
コローロ/制作 赤ちゃんとママ社 本体900円+税
いろんな形のパン、なーんにみえる? かめさんに、こちらはやどかりさん。「何に見えるかモノの名前を当てる、パンの名前を答える、二通り楽しめます。イラストとパンの写真の組み合わせが斬新。想像力を刺激したいときに」

2歳~『ねずみさんのながいパン』

動物好きのお子さんに
『ねずみさんのながいパン』
多田ヒロシ/作 こぐま社 本体900円+税
長いパンを持ったねずみさん、とっとことっとこ、どこのおうちに行くのかな?「小さなねずみさんと長いフランスパンのアンバランスな組み合わせ、細かな表情の変化にも注目です。ラストのねずみさんのおうちのテーブルは圧巻」

2歳~『へんてこパンやさん』

ユニークなパンが登場
『へんてこパンやさん』

Goma/作・絵 フレーベル館 本体1300円+税
お客様の望みを叶える、きつねのへんてこパンやさん。「きつねとねずみさんの凸凹コンビ。『けんかばかりの子どもたちが仲良くなるパン』『食欲がないもぐらさんが元気になるパン』など、目的別に考えられたパンが面白い」

3歳~『パパ、サンドイッチつくってあげる!』

「だいすき」入りサンドイッチ
『パパ、サンドイッチつくってあげる!』
ピップ・ジョーンズ/文 ローラ・ヒューズ/絵 ふしみみさを/訳 ほるぷ出版 本体1400円+税
パパの大好きなものばかり入れた、サンドイッチを作ろう。世界一好きなものも忘れずにね。「大切な人が何を好きか知っていますか? 奇想天外だけれど、創造力たっぷりの絵本。身近な人の『好きなもの』を言い合ってみましょう」

4歳~『くまくまパン』

けんっかしちゃったときは
『くまくまパン』

西村敏雄/作 あかね書房 本体1300円+税
くまさんとしろくまさん、仲違いしてパン屋さんは休業中。「得意なパンが、くまさんはあんぱん、しろくまさんはカレーパン、と対照的なところがポイント。パンを通じて、けんかすること、仲直りすること、協力することを教わりました」

4歳~『パンやのコナコナ』

焼きたてに勝るパンはなし
『パンやのコナコナ』

どいかや/文 にきまゆ/絵 ブロンズ新社 本体1300円+税
みんなで刈った小麦、木の実の酵母、秘密のおまじないでできた焼きたてパン。「動植物への愛情があふれる絵本。小麦を育てるところから描いているのがステキ。みんなが一斉にパンを頬張るシーンは、見ていてうれしくなりました」

4歳~『パンのおうさまとシチューパン』

プレゼントにぴったり
『パンのおうさまとシチューパン』
えぐちりか/作 小学館 本体1100円+税
パンが大好きな王様が、お風呂代わりに作らせたのは特大のシチューパン。「『おかしのいえ』ならぬ『パンのおふろ』に入ってみたい。ユーモアいっぱいのストーリーにも注目。表紙の独特な手触りと形がお子さんに大人気です」

4歳~『おたからパン』

歌うように読みたい
『おたからパン』
真珠まりこ/作・絵 ひさかたチャイルド 本体1200円+税
「おたから」目当ての泥棒が、パンづくりの修業をするはめに。「しっかりしたストーリー。『おたから』が人から人へ受け継がれるシーンは、よい光景です。オチも最高で、初めて読んだとき、思わず『おおっ』と声が出ました」

4歳~『パンのかけらとちいさなあくま』

お話の最後はほっこり
『パンのかけらとちいさなあくま』

リトアニア民話 内田莉莎子/再話 堀内誠一/画
福音館書店 本体900円+税
貧乏なきこりのパンを盗んだ小さな悪魔は、仲間に叱られきこりのために働くことに。「『レ・ミゼラブル』のような物語のスタート。『あくま』はいたずらっこだけど、なぜか憎めません。4歳〜の、大きくなってきたお子さんに」

3歳~『14ひきのあさごはん』

ステキな一日のはじまり
『14ひきのあさごはん』
いわむらかずお/作 童心社 本体1200円+税
焼きたてのどんぐりパンにスープ、摘みたてののいちごがぼくらの朝ごはん。「優しい色合いで描かれるねずみの家族と自然の様子に、一日のはじまりをこんなふうに過ごしたいと思いました。『みんなで作る』ってすばらしい」

4歳~『おひさまパン』

パンは元気の源です
『おひさまパン』
エリサ・クレヴェン/作・絵 江國香織/訳 金の星社 本体1300円+税
灰色に凍てつく町で、パン屋さんが作ったおひさまパンが、みんなの心を溶かします。「ひだまりのような絵本。太陽やパンが、私たちにとってどれほど大切か、鮮やかな色彩で表現されています。読んで気持ちが明るくなりました」

4歳~『おだんごぱん』

淡々と読みたい昔話
『おだんごぱん』
ロシア民話 せたていじ/訳 わきたかず/絵
福音館書店 本体1200円+税
家から転がり出て、得意気に歌いながら、どこまでも逃げていくおだんごぱん。「シュールな物語だけれど、なぜか惹きつけられます。大人びた絵にも注目です。終わり方が衝撃的。何事にも知恵と工夫が必要なんだと感じました」

「パン屋の本屋」とは?

ママと子どもの憩いの場
パン屋の隣にある街の本屋さん

商業施設「ひぐらしガーデン」の中にある本屋さん。児童書や、暮らし・食に関する本のほか、「パンの本」だけのコーナーも。お隣の「ひぐらしベーカリー」とともに、ハハコに大人気!

【DATA】住所:東京都荒川区西日暮里2-6-7 ひぐらしガーデン1F TEL:03-6806-6444 営業時間:10:00〜18:00(当面の間17時までの営業です) 休:月曜(祝日の場合は翌火曜)
higurashi-garden.co.jp

「ひぐらしベーカリー」のおすすめパン

あらかわクリームパン
自家製カスタードクリームを、じゃがいもを練り込んだもっちもちの生地で包んだ、やさしい甘さが◎ 120円

ひぐらし食パン
国産小麦「春よ恋」を使った生地はしっとりもちもち。毎日食べても飽きない、店の一番人気! 1斤240円

クロワッサン
外はパリパリ、中はしっとり。ひと口食べれば、芳醇なバターの香りでやみつきになること間違いなし! 180円

カレーパン(中辛)
外側は大粒の自家製パン粉、中は具だくさんカレーが特徴的。子ども用の甘口もあります。180円

紅茶とレモンのメロンパン
内側の生地にレモンピール、外側のクッキー生地にアールグレイを練り込んだ香り豊かなメロンパン。180円

オレンジの切り株
オレンジジュースとオレンジピールが入ったリキッドに、バゲットを漬け込んだフレンチトースト。170円

バゲット
香ばしい香りと独特の甘みのフランスパン。歯切れがよく、子どもからお年寄りまで大好評! 260円

※表示価格は全て本体価格です。

 

教えてくれたのは
パン屋の本屋 店長
近藤裕子さん
こんどうゆうこ/学生時代に書店の仕事と出会い、17年間、街の書店に勤務。2017年12月より「パン屋の本屋」2代目店長に。

撮影/岡森大輔 編集協力/原陽子(kodomoe2018年12月号掲載)

 

シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ