2019年1月10日

季節の絵本ノート

シェア
ツイート
G+
ブックマーク

親子で絵本を開く時間に、季節の彩りをプラスしてみませんか。
今の絵本選びにちょうどぴったりの、おすすめ作品を集めました。
編集協力/原陽子(JPIC読書アドバイザー)
(kodomoe2017年2月号掲載)

 

今年もどうぞよい年に!

2歳~

『だるまさんが ころんだら』
はんだみちこ/作
えほんの杜
本体1200円+税

雪の帰り道、だるまさんが坂で転がってゴロゴロゴロ、ゆきだるまさんになっちゃった? そこへもうひとり、転がってきたのはだあれ?

 

3歳~

『だるまだ!』
高畠那生/作
好学社
本体1500円+税

海からやってきた、無数のだるまたち。驚いた町の人たちも、いつしかみんなだるまに夢中。そこへ空から、またおめでたい何かが!?

 

4歳~

『開運えほん』
かんべあやこ/作
あかね書房
本体1300円+税

お正月とともにはなちゃんのおうちにやってきた年神様が、教えてくれる開運のあれこれ。身近な食事や遊びの中にも、開運への祈りが。

 

4歳~

『えんぎがいい』
雨宮尚子/作
白泉社
本体1200円+税

まねきねこ、きつね、かえる、縁起がいい動物は他にもたくさん。大切にされてきた日本古来の知恵を、おばあちゃんが教えてくれます。

 

5歳~

『おみくじ』
きたあいり/作
BL出版
本体1300円+税

おみくじの箱の中では、棒たちが今日もおしゃべり中。毎回誰が出るのかは、大吉親分の気分次第。ところが突然、棒の小吉に災難が!

1 2
シェア
ツイート
G+
ブックマーク
トピックス

ページトップへ