2018年5月24日

わかるって、楽しい。親子で一緒にまなび絵本 後編

シェア
ツイート
G+
ブックマーク

子どもが大きくなるにつれ、「知育」という言葉が気になってくるのが親ゴコロ。
「いつからはじめる?」「うちの子、大丈夫?」と、なんとなくそわそわ……、そんなときにも、強い味方になるのが絵本。一緒にぺージを開いて、新しい世界を知る喜びをプレゼントしてあげましょう。(kodomoe2015年6月号掲載)
撮影/岡森大輔 編集協力/原陽子(JPIC読書アドバイザー) 読者モデル/日色真愛ちゃん

04 あいうえお

君のお名前にある文字はなあに? あいうえおがわかると、言葉の世界がぐんぐん広がります。

1歳〜

『あいうえお』
よねづゆうすけ/作
講談社 本体1800円+税
1ページに1文字、隣のページにやさしいクレヨン画のあひるやいちご、うさぎの絵。ひらがなに無理なく親しめるファーストブック。

 

2歳〜

『でんしゃのあいうえお』
交通新聞社
本体1200円+税
全国の新幹線や特急はもちろん、「うんてんせき」「まくらぎ」「むじんえき」、電車にまつわる言葉だけのあいうえお。電車好きは必見。

 

3歳〜

『あっちゃんあがつく たべものあいうえお』
さいとうしのぶ/作 みねよう/原案
リーブル 本体1800円+税
あっちゃんあがつく、アイスクリーム。いちごジャムにうめぼし、エビフライ。濁音、半濁音まで網羅した、おいしいもの満載の数え歌。

 

『あいうえたいそう』
木坂涼/文 スギヤマカナヨ/絵
偕成社 本体1000円+税
リズムにのって言ってみよう、「あいうえあいうえあいうえお」「いうえおいうえおいうえおあ」。お口の体操と探し絵、ダブルの楽しさ。

 

4歳〜

『あいうえおん』
あきびんご/作
くもん出版 本体1400円+税
「おにのおならはおおきいな」「ゼリーにぜんぶゼッケン」「へびのへやはヘルメット」? 思わず笑っちゃう、真似したくなる言葉遊び。

 

05 ごあいさつ

あいさつで広がる、うれしい気持ち。お手本になるよう、大人も元気にごあいさつ!

0歳〜

『ごあいさつあそび』
きむらゆういち/作
偕成社 本体680円+税
ことりのピイちゃんが「こんにちは」と、頭を下げてごあいさつ。赤ちゃんも「こんにちは」と真似したくなる、楽しいしかけシリーズ。

 

『こぐまちゃんありがとう』
わかやまけん/作
こぐま社 本体800円+税
お手伝いをして「ありがとう」って言われるとうれしいな。迷子になったこぐまちゃんも、助けてもらって「ありがとう」って言えました。

 

2歳〜

『ことばのべんきょう3 くまちゃんのごあいさつ』
加古里子/文・絵
福音館書店 本体514円+税
くまちゃん一家と、一日のごあいさつを学びましょう。「ごきげんいかがですか」「おあがりください」、美しい日本語にふれましょう。

 

3歳〜

『ハリネズミのくるりん』
とりごえまり/作
文溪堂 本体1300円+税
はずかしがりやの男の子、くるりん。森のみんなとお友達になりたくて、おかあさんとたくさん「こんにちは」の練習をして出かけます。

 

6歳〜

『挨拶絵本』
五味太郎/作
ブロンズ新社 本体1400円+税
上手なあいさつのために、いろいろな場面で練習をどうぞ。走っているおまわりさん。ちょっと好きな子。大人も楽しく悩んでみよう。

 

06 ちず

地図を覚えるのは、子どもの方が得意なことも。暗記の勉強になる前に、絵のように楽しんで。

3歳〜

『新幹線のたび』
コマヤスカン/作
講談社 本体1500円+税
はやぶさ・のぞみ・さくら、新幹線を乗り継いで青森から鹿児島まで。空から眺める日本列島縦断の旅。特大地図つきDX版も発売中。

 

『1日10分で ちずをおぼえる絵本』
あきやまかぜさぶろう/作
白泉社 本体1800円+税
えいの形は北海道、コアラの形は大分県。愉快な物の形でとらえる47都道府県。迷路や間違い探しも掲載、楽しむ内に覚えてしまう。

 

5歳〜

『せかいちず絵本』
とだこうしろう/作
戸田デザイン研究室 本体1800円+税
世界全体の地図を、シンプルにデザインされた絵で紹介。優しく語りかける言葉も、はじめて出会う世界地図の1冊としてぴったり。

 

6歳〜

『マップス 新・世界図絵』
アレクサンドラ・ミジェリンスカ&
ダニエル・ミジェリンスキ/作
徳間書店児童書編集部/訳
徳間書店 本体3200円+税
ポーランド発、地図と4000以上の絵で紹介する世界42カ国。大型事典のようなこの本を広げて、世界を夢見る喜びは一生もの。

 

『だじゃれ日本一周』
長谷川義史/作
理論社 本体1300円+税
「きれいなはながさいたまけん」「めがねがくもってよくみえけん」、だじゃれでめぐる日本全国、絵の中にはさりげなく各地の名物も登場。

シェア
ツイート
G+
ブックマーク
トピックス

ページトップへ