行楽シーズン! お外での手洗いどうしてる?
2018年4月3日

行楽シーズン! お外での手洗いどうしてる?

シェア
ツイート
ブックマーク

お花見にGWと、外でピクニックするのが気持ちのよい季節になりました。
でも「さあご飯にしよう!」という前に、手洗いってどうしてますか?
今年春のアンケートによると、なんと「外では手を洗わなかった」という回答が
6割を超したそう!

今年3月の「花見(行楽)での手洗いに関する意識調査
(シャボン玉石けん株式会社が実施)」によると、
外では、ウエットティッシュでの手拭きなどで
簡易的に済ませている方が88%でした。
ベビー用品のひとつとして持ち歩いているウェットティッシュ、
確かに重宝しますが、完全に汚れは落ちていません。

Q:お花見やピクニック等屋外での食事の際、飲食前に
石けん(またはハンドソープ)を使った手洗いをしていますか?

Q:屋外での飲食前の対策として主に行っていることをお選びください

最近は、手につけるだけで手洗いができる商品も増えてきました。
病院や公共施設の入り口にも、よく設置されていますね。
ただ、アルコール使用のものを、子どもに使うのは心配な場合も。

アルコール不使用で、持ち運びのできる携帯タイプの石鹸も
発売されています。
こちらの「バブルガード」は、着色料や酸化防止剤、
合成界面活性剤、アルコールなどを使っていない無添加石けん。
泡で出るプッシュ式で、洗いあがりもしっとりするそう。
「バブルガード」540円(税込)
容量50ml(約140回の吐出量) 
130mm(高さ)×35mm(直径)
成分:水、カリ石ケン素地  www.shabon.com

夏場に汗でベタベタになってしまったときにも便利ですね。
本当につめの先まで泥がつまっても、ニコニコ遊んでいる子どもたち。
外でめいっぱい遊んで、ピカピカの手で気持ちよく
おいしいご飯を食べてほしいものです。

■シャボン玉石けん株式会社 www.shabon.com

文=日下淳子(編集ライター/元保育士)

シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ