「灯りの魔法 魅惑のドールハウス」展

シェア
ツイート
ブックマーク

ドールハウスの歴史はたいへん長く、16世紀中頃にドイツの貴族が
娘のために職人に作らせたのが始まりといわれています。
その後オランダやイギリス、アメリカへ広まりました。
現在ではドールハウス専門店もあらわれ、
趣味として収集や製作をする人々も多くいます。また、多くが
1点物であることから美術工芸品としての価値が高まり、
見る人の感性に応じて様々なドラマが生まれる「舞台装置」ともいわれています。

本展では、18世紀後半に製作され北アイルランド・ロンドンデリーの
博物館に所蔵されていた「ハスケルハウス」や、
1843年に製作され有名オークションカタログの表紙を飾るなど話題となった
「ミシガン家の肉屋」のほか、
<灯り・あかり>をキーワードにヨーロッパやアメリカ、
日本のドールハウス作品をアンティークから現代まで幅広く展示。
なかでも灯りを用いて美しい世界観を表現し、
海外の博物館にも所蔵されているディビッド・スカルファーの作品は必見です。

期間/2021年4月3日(土)~6月27日(日)
会場/横浜人形の家 横浜市中区山下町 18番地
時間/9:30~17:00
休み/月曜(ただし5月3日開館、5月6日休館)
料金/一般700円、子ども(小中学生)350円
https://www.doll-museum.jp/6092

シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ