森村泰昌のあそぶ美術史 ―ほんきであそぶとせかいはかわる―

シェア
ツイート
ブックマーク

「森村泰昌のあそぶ美術史―ほんきであそぶ とせかいはかわる―」 ポスター

全面開館して以降、初めてとなる大々的なコレクション展です。
ゲストキュレーターに美術家の森村泰昌氏を迎え、
“一般的な”展示ではなく、
「普通のコレクション展示は絶対にやらない、思い切った展示を考える。
見え方の発想を変える。これらの試みを、〈あそび〉という三文字に込める。」
という森村氏の考えのもとに開催します。
展覧会を6つの章―「第1章 ひっくりかえす」、
「第2章 いたずらもたまには ちょっとやるといい」、
「第3章 いしころの こえをきく」、
「第4章 ちがっているから おもしろい」、
「第5章 おおきなうちゅうは ちいさな はこのなか」、
「第6章 ほんきでまねると ほんものになる」―に分け、作品を大胆な文脈で紹介します。

期間/2020年3月7日(土)~5月10日(日)
会場/富山県美術館 富山市木場町3-20
時間/9:30~18:00
休み/水曜、祝日の翌日(ただし4月23日~5月6日は開館)
料金/一般900円、大学生450円、高校生以下無料
https://tad-toyama.jp/exhibition-event/10033

ほかにもいろいろ。中部・甲信越のイベント一覧を見る
全国のイベント情報はこちらから

シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ