お台場にデジタル映像を駆使した知育アトラクション施設が新オープン

シェア
ツイート
G+
ブックマーク

「自分の描いたキャラクターが、映像として動き出した!」
「的にボールをぶつけたら、光が飛び出してきた!」
いまデジタル技術を駆使した体験施設が大人気です。
11月2日(金)、そんなデジタルアトラクションに知育要素を加えた新施設が、ダイバーシティ東京プラザにオープンしました。
 
「Little Planet × XFLAG ダイバーシティ東京プラザ」は、9つの知育アトラクションを展開する体験型知育施設。
一見、ボールプールや砂場、映像遊びのテーマパークに見えますが、子どもたちの“遊び”を“学び”に変えるしかけが考えられています。

砂場と映像を組み合わせた「SAND PARTY」は、天地創造のような体験ができるAR砂場。白い砂に山の映像が映し出されていますが、掘っていくと水色が現れて海に変わります。高く盛り上がれば、火山に。また虫眼鏡のような道具(ARガジェット)を使って、隠れているキャラクターを見つけることもできるのです。
 

さらに「PAPER RIKISHI」では、オラゴンなどXFLAGのキャラクターのぬり絵が用意されていて、好きな色に塗ったものを、相撲の土俵画面に表示させることができます。実は塗ったクレヨンの色に応じて、キャラクター力士のスピードや強さが決まるのだそう。エントリーした力士同士が戦うので、参加した子どもたちは「がんばれー!」と必死に応援していました。

ほかにも、画面内に表示された数字をつなげて10を作るアトラクションや、キューブパズルを与えられたミッション通りに組むことで地下へもぐっていくゲームなど、子どもが夢中になりながら学べるアトラクションがいっぱい。
子どもたちも、あっという間に時間が過ぎてしまうことと思います。

ダイバーシティ東京プラザ自体、子ども向けのお店がたくさんあるので、買い物やランチのついでに寄ってみてもいいかもしれません。
web予約ができるので、行く前にHPをチェックしてみてくださいね。

■Little Planet × XFLAG ダイバーシティ東京プラザ
ダイバーシティ東京プラザ 5階(東京都江東区青海1丁目1-10)
営業:10:00~21:00
オープン:2018年11月2日(金)
https://kidsplayg.xflag.com/

シェア
ツイート
G+
ブックマーク
トピックス

ページトップへ