2021年1月24日

『くうちゃんのホットケーキ』【今日の絵本だより 第184回】

シェア
ツイート
ブックマーク

kodomoe本誌連載の「季節の絵本ノート」では、毎回2か月分のおすすめ絵本を15冊、ぎゅぎゅっとコンパクトにご紹介しています。
こちらのweb版では毎週、ちょうど今読むのにいいタイミングの絵本をおすすめしていきます。おやすみ前や週末に、親子で一緒にこんな絵本はいかがですか。

『くうちゃんのホットケーキ』【今日の絵本だより 第184回】の画像1『くうちゃんのホットケーキ』
わたなべゆうこ/作・絵 ポプラ社 本体1300円+税

1月25日は、ホットケーキの日。
一昨年のホットケーキの日にはこちらの絵本をご紹介しましたが、今回はママと子どものホットケーキづくりの絵本、『くうちゃんのホットケーキ』をご紹介します。

ホットケーキを作るのが、大好きなくうちゃん。
今日もはりきって卵を割ったら、
「ああ、つぶれちゃったー。」
でもママは
「まぜるから だいじょうぶよ。」
とフォローします。
くうちゃんは、混ぜるのも大好きです。
「ママは てつだわなくて いいからね。」
と言って、ホットプレートに大きく広げた生地も
「だいじょうぶ。わたしが やるの。」
と、ひとりでひっくりかえしたら……。
ばちゃりとくずれて、ホットプレートからはみだしてしまいました。

ママがそれをきれいに直したら、くうちゃん、
「もうっ わたしが やりたかったのにー!」
と、顔を赤くしてぷりぷり。
「ママの ばか!」
とまで言われては、ママもおだやかではいられません。
「そんなに おこるなら、
 やらなくて いいよ!」
「いいもん! もう やらない!」
くうちゃんはそう言って隣の部屋にかけこんで、ぷりぷり、めそめそ、ぐすんぐすん。
そこに「トン トン トン」とドアをノックしたのは、ママではなくて、なんと……。

親子クッキングあるあるのリアルな一場面、これはもう、絶対に共感。
「お手伝い」じゃなくて「自分で!」の時期、親子でなかなかかみあわなくて、どうしてもケンカになりますよねえ。
おいしそうなホットケーキの絵本はたくさんありますが、これは「親子でホットケーキ作り、絵本のように楽しい時間にはならない!」という現実を、描いてくれている絵本(笑)。
「せっかく一緒に楽しく作ろうと思ったのに」という大人側の気持ちにも寄り添ってくれる、ありがたい作品です。
親子で一緒に読んでいれば、同じようなケンカをした時に、仲直りのきっかけにもなりそうですよ。

 

選書・文 原陽子さん
はらようこ/フリー編集者、JPIC読書アドバイザー。kodomoeでは連載「季節の絵本ノート」をはじめ主に絵本関連の記事を、MOEでは絵本作家インタビューなどを担当。3児の母

シェア
ツイート
ブックマーク
トピックス

ページトップへ