2017年7月21日

第125回「ネパール家庭料理☆タルカリ」

シェア
ツイート
G+
ブックマーク

みなさまこんにちは♪(・∀・)ノ
いつも御覧いただいてありがとうございます!

先日、番組ロケで知り合ったネパール在住のご夫婦が
我が家に遊びに来てくれましたー♪
番組を通じて知り合って、仲良くなるって
とーってもありがたいことに、よくあります!
出会いに恵まれているなーってホント思う!

「ネパール料理を作ってあげるよ♪」 と
ネパールの家庭料理「タルカリ」を、しかも
せっかくだから、生粋のネパール人が作るよ! と
ネパール人のご主人が作ってくれることにー♪

「去年遊びに来たときに渡したスパイスを使おう! まだあるでしょ?」
・・そう言っていただいてハッとした。いろんなお料理に使えるというスパイス。
私が所有していては宝の持ち腐れと思って、みんなで景気よく使ったり
お料理上手なお友達に分けたりしてしまって、我が家にはもうなーい!
ないならば、スーパーで買って用意しようということに!

でも思えば、日本のスーパーで揃えられるスパイスで
「本場ネパールの味」が作れることの方が理想かも☆
みんなに作っていただけるし! そんなワケで結果オーライ!

ネパール人が選んだスパイスは、コチラの4種類♪

クローブ、ターメリック、コリアンダー、ガラムマサラ。
ややこしいことに、スパイスの名前って世界共通ではないみたい。
ネパールや日本での呼び方が違うスパイスなんかもあったりするらしく、
調理前にはクンクン、においで「スパイス」を確認して

「こりゃナンダー?」
「コリアンダー」

ダジャレみたいな展開の会話まで。笑

それから、これはネパール産のスパイスですが我が家に残っていた

クミンやガラムマサラが混合しているミックススパイス!
日本のスーパーで売っている「クミン」で代用していただけると思います!

改めまして「タルカリ」の材料♪
スパイスこそたくさんですが、食材はシンプル。
すべて、たまたま我が家の冷蔵庫にあったほどー!

じゃがいも 2,3個くらい
玉ねぎ 1/2個
ピーマン 2個
インゲン 1 袋くらい
にんにく 3かけ

この材料で「4,5人分くらいだよ!」と、ますみさん♪

お肉は入っていないの、お野菜だけ。お肉を食べないわけではないけれど
「みんなふだん、素朴なものを食べて生活しているんですよ♪」だって!

ただし・・と、ネパールに嫁いだ、日本人妻のますみさん。
「油の量とニンニクの量がハンパないんです。笑」
でも、ここを少なくするとおいしくないんだってー!

へぇー、そうなんだ! とおしゃべりしながら下準備。私は野菜をカットして
ますみさんが、ポキポキとインゲンを小さく折ってカットしてくれて。

遊びに来てくれたゲストにいっぱい、働いてもらっちゃっています。。

材料を↑火が通りやすいように
だいたい同じよーな大きさになるように切りそろえたら、重鎮のお出まし!

ネパール人のご主人、GBさん。よろしくお願い致します。着火!

ホントに多いな・・サラダ油。(゚Ω゚;)
油を少し温めたら「クミン」をIN!

コレッくらいの量。(GBさんの手が大きめですが・・参考にしてください!)
クミンを、揚げるようにして炒めます。パチパチと音がなって、香ばしくなるまで♪

この状態になったら
玉ねぎとニンニクを ドサッ!

・・油の量、おわかりになりますか?
「揚げ焼き」するよーなイメージでしょうか。
ますみさんが躊躇するのも、わかる気がする。
日本人としては、勝手に油を少なくして作ってしまいそーですが

おかまいなしな感じの料理長。
と、ここで

ターメリック登場!
「少々」と言いつつ

けっこーな量を入れます。
このタイミングで、じゃがいもも。

全体的に、黄色の色がつくまでターメリックを!

インゲン、ピーマンを入れます。
今日はたまたまピーマンでしたが
カリフラワーやキャベツでもおいしいんだって!
そしてまた

ターメリックが入ります。
「色目と健康のため」なんだそう。
「ターメリックを入れるタイミングは特に決まっていない」んだって!
「あ、黄色がなんだか足りない」 そんな時はターメリックを♪ (フワッとした説明)

お水を入れます。ノー計量で。ザーッと。お鍋の中で、だいたい

「8分目」くらいになるまで。
そしてこちらをフットウさせて

ガラムマサラ 少々

↑ コレッくらい

グローブ・・が、我が家にあったものが「ホール」タイプだったので
5,6粒を包丁で、小さく砕いて使用。パラパラッと入れます。

こりゃナンダー、いえ
コリアンダーを少々。

最後に、お塩で味を整えます。
恐るべきことに、ここまでいっさいの味見ナシで!
最後のお塩調整も、ノー味見のまま「小さじ 1 1/2」くらい。
なんてハートの強い冒険ヤローなんだ、ネパールの人って!

この、いよいよ最後の仕上げの段階で空良が学校から帰宅。
いっけない、いけない! このweb連載「たのしむこそだて」は
「こどもといっしょに、たのしみながらクッキング☆」なのに
キミ、今回いっさい活躍していないじゃないか!
(という私もそうなんだけどさ!)
せめてさ、キミ

GBさんの肩をおもみなさい♪
「ありがとうー! GBさん!」

学校から帰宅したら、家で
ネパール人がネパール料理を作っている。
そんなステキにおもしろい家庭で育って、よかったね♪

試食もさせてもらいました!

「なにこれおいしい! 試食じゃなく、本食したい!」
いやいやそれはやめてください。
自分では試食をしていないGBさん、
空良の様子を見て「いけた♪」とナットクのご様子!

アバウトなよーで、繊細なところも。「じゃがいもの様子はしっかり見て。」
まだ固いようならお水を足して、さらに煮込みます。
そういう注意点、日本のお料理と似ている!

「あ、けどじゃがいもに火が通ればOKだから。
別に、全部水分を飛ばす必要はないから☆」
・・やっぱりアバウトだ。笑

とはいえ、絶妙な火加減、水加減、
そのうえ巧みなスパイス加減によって、完成!

ライちゃんがうれしそーにテーブルに運んで・・
できました! ネパール人直伝の家庭料理、

「タルカリ」です♪

じゃがいもやお野菜にスパイスがシミシミのおいしい料理ー!
スパイスを「醤油」に変えたら、「肉じゃが」に近い感じかも☆

あっというまに、手間なくできます。
日本にいながら本格ネパール料理!
スパイスさえあれば、そろえやすい材料ばかりで世界旅行♪

「ミトツァ♪」
↑ネパール語の
「おいしい♪」です。

みんなで「ミトツァ♪」って言いながら
ぜひ、「家庭内ネパール」を気軽に楽しんでみてね♪

あまりの「ミトツァ♪」に、「4,5人分」と言われていた分量のタルカリでしたが
食べ盛りでおいしいもの大好きな2人の息子に
ナントほとんど食べられちゃいました・・!
よって、我が家ではこの分量は
「2人分」でした・・!
ミトツァすぎた!!

GBさん、ますみさん、おいしいネパール料理をありがとう! 来年は

カレーをよろしく! 笑

おくやまよしえ(女優・タレント)/東京都生まれ。1992年、映画「喜多郎の十五少女漂流記」でデビュー。2001年に結婚。翌年、長男を出産。現在は2児の母。NHK「すくすく子育て」、TBS系ドラマ「キッパリ!」主演を経て、テレビ、ドラマ、雑誌などで活躍中。特技はイラストを描くこと、手芸。
ブログ 奥山佳恵のてきとう絵日記

シェア
ツイート
G+
ブックマーク
トピックス

ページトップへ