2017年6月22日

ママのボディメンテナンス ~産後のトラブル10選~ Trouble 02 ママに最も多いトラブルは腰痛です[腰痛・前編]

シェア
ツイート
G+
ブックマーク

産前産後のママのカラダを整える人気整体師であり助産師の是枝貴子さん。キャンセル待ち100人以上、芸能人や有名アナウンサーも通うカリスマ助産師が、悩める女性のカラダをサポート。産後のトラブルを10回にわたり解決していきます。
撮影/志田三穂子 イラスト/堀川波

腰痛の原因って?

 サロンに来院される産後ママさんに一番多い悩みは腰痛です。腰痛の主な原因は3つあります。
 ひとつめは、妊娠や出産による骨盤のゆるみ。妊娠中に分泌される骨盤をゆるませるホルモン(リラキシン)の影響は、産後も数か月は続きます。カラダの土台である骨盤が緩んでいると、グラグラしてカラダをしっかりと支えることが難しく、腰にも負担がかかります。
 ふたつめは、育児中の慣れない姿勢や、不自然な姿勢により腰を痛めてしまうこと。
 それから3つめは、妊娠中の筋力の低下。このことについては、次回詳しくお話ししますね。

魔法のセルフケア 姿勢を意識する!

 育児って無理な姿勢の連続です。1~2時間おきの授乳にはじまり、お座りや立っちができるようになっても、泣いたらすぐに抱っこしなくてはなりません。抱っこもただ抱くのではなくて、ゆらゆら揺れたり、歩いたり。これだけでも大変ですが、一日に何度もオムツを替えるために前かがみの姿勢が絶えません。どんなママも育児に必死になっているので、自分のことは二の次です。
 そんなママたちのカラダは、ガチガチに凝り固まっているのが見ただけでもわかります。施術ではその凝りをほぐしていきますが、セルフケアも大事!!  私が実践している簡単なケアをお伝えします。
 それは“自分の姿勢を意識する”こと。それだけで、カラダを変えることができます。姿勢が崩れたまま抱っこしていると、カラダのバランスは、確実に崩れてしまいます。筋肉の疲労は蓄積され、骨盤はゆがみやすく、痛みの原因にも。さらには、ポッコリお腹になりバストトップも落ちます。姿勢の崩れから負の連鎖が起こり、疲労や痛みが出るだけでなくプロポーションにも影響してしまうのです。
 そこで、姿勢を意識しながら抱っこや授乳をしてみましょう。「抱っこの間、ずっといい姿勢で!」とは言いません。最初の3分は、姿勢を意識してみる。これだけでも、十分筋トレになりますよ。

腰まわしは簡単エクササイズ

 もうひとつおすすめしたいのは、腰まわしです。エクササイズの時間をとるのって、難しいですよね。何かをしなくてはいけない!と決めてしまうと、できないことがストレスになってしまいます。日常のすき間時間を使ってできる腰まわしは、すごく簡単! テレビを見ながらでもOK。もちろん抱っこしながらでも◎ 腰をゆっくり動かすことによって、腰周りの筋肉がほぐれ、腰痛もやわらいでいきますよ。
 そのほか、腰痛のママは、朝スムーズに起きることができません。眠っている間に、体中の筋肉が凝り固まっているから。私も毎朝、体の固さを実感します。そこで、毎朝実践しているのが、仰向けで両ひざを立てて、左右にパタンパタンと両ひざを倒しながら、自分の腰の状態を確かめること。確かめると同時に腰もほぐれていきます。
 毎日の積み重ねと言っても、難しく考えず、まずは自分のカラダを意識してみましょう。

是枝貴子
これえだたかこ/ママのための整体サロン『マミーサロン』主宰。助産師。鍼灸師。その他アロマセラピストなど数多くの資格を持つ。産科勤務時代、ママのカラダを助けたいと一念発起し骨盤ケアを学ぶ。現在月200名以上のママの施術に従事。4月に出産し一児の母。産後1か月で仕事復帰。
http://www.mommy-salon.com

1 2 3
シェア
ツイート
G+
ブックマーク
トピックス

ページトップへ