2017年6月1日

子どもが楽しいYouTubeのキッズアプリが登場!

キーワード:
シェア
ツイート
G+
ブックマーク

動画を見せるなら、不適切サイトをブロックした専用アプリで!

子どもに携帯で動画を見せているママの姿は、いまや日常の風景……お片付けや歯磨き、お勉強の時間を盛り上げるために、動画を利用するママも増えました。
でもYouTubeで次々に出てくる関連動画や、検索結果の中には、子どもには見せたくない動画が入ってしまうことがあります。そんなパパママたちの味方として、「YouTube KIDS」というアプリの日本版がリリースされました!

対象年齢は2〜10歳ぐらいということで、「おしりたんてい」などの人気絵本や児童書の読み聞かせのほか、しまじろう、妖怪ウォッチといったキャラクターコンテンツ、童謡や英語の歌、Kan&Aki’sCHANNELのような人気Youtubeクリエイターの動画も配信。今後もコロコロコミックの限定動画などが続々と配信されるそうです。

「30分だけ見てもいいよ」ができる保護者設定

いまどきの幼児たちは、親の携帯の操作方法を把握している子が多く、親に「携帯貸して〜」とねだっては、電池がなくなるまでネットサーフィンやゲームをやり続けてしまう子も少なくありません。ママたちも、子どもにつきっきりになれないときがあります。

そんなときに、「YouTube KIDS」アプリで、安全に動画を見せることができます。長時間やりすぎないように、保護者向けの管理機能を開くと、視聴時間を制限できるタイマーも設定できます。

検索は、まだ字がよめない子どものために、音声認識もできて便利。また、ChromecastやApple TV、スマートテレビなどにも対応しているため、対応機器に接続すれば、家事をしながら子どもがどんなコンテンツを見ているのか確認できるのも、嬉しいですね。

コンテンツは、「アニメ・ドラマ」「おんがく」「まなぶ」「はっけん」の4つのカテゴリーに分かれています。

iOS/Android向けのアプリ「YouTube KIDS」は、無料でダウンロードできます。気になる方は、一度使ってみてくださいね。

シェア
ツイート
G+
ブックマーク
トピックス

ページトップへ